• 交通アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ

骨寺村荘園遺跡

中世の風景を今に伝える、日本の原風景

散策マップ

地図を下部に切り替える
遺跡紹介
 

遺跡の紹介

10 駒形根神社(史跡) 11 白山社(史跡) 12 山王窟(史跡)
10 駒形根神社(史跡)

荘園絵図の西端に描かれている「駒形」「駒形根」(現在の栗駒山、須川岳)を祀った神社。絵図にある「六所宮」「馬頭観音」と考えられています。

11 白山社(史跡)

石川県の白山比咩神を請じ迎えたところ。道が整備されておらず、訪れるにはガイドの案内が必要です。

12 山王窟(史跡)

骨寺村の一番奥まった高所にある重要な岩屋で、絵図の上部に強調して描かれています。天台宗本山延暦寺の地主神である日吉山王神の岩屋とされ、骨寺村が天台宗寺院中尊寺の所領であることを示すものです。岩屋からの眺望は素晴らしいですが、そこに至る参詣の道は危険な悪路であり、ガイドの案内以外では行けません。

9 梅木田遺跡(史跡) 8 伝ミタケ堂跡(史跡) 7 中澤
9 梅木田遺跡(史跡)

平泉町内の遺跡と同じ柱間をもつ建物跡が発見されました。荘園経営のための重要施設であった可能性があります。現在は埋め戻した状態です。

8 伝ミタケ堂跡(史跡)

山岳信仰の聖地だったと考えられています。西に山王山、眼下に荘園を望めたと言われますが、道のない私有林のため立ち入りはご遠慮ください。

7 中澤

絵図で中澤と記されている浅い谷筋です。絵図には谷の頭に宇那根社(水神を祀ったとされる)が描かれていますが、場所は特定されていません。

遠西遺跡(史跡)
6 遠西遺跡(史跡)

掘立柱の建物跡と、12~13世紀の土器類も見つかっているため、荘園時代の生活の跡と考えられています。

 
見学に当たってのお願い

 骨寺村荘園遺跡では現在も人々の生活と農業が営まれています。本遺跡は当時の面影をできるだけそのままに残すため、案内板や道標以外はほとんど観光客向けの施設がありません。ご見学に当たりましては、一般の観光地とは違う本地区の事情をご理解頂き、以下のことにご配慮いただきますようお願いいたします。

  • 車の通行
    国道・県道以外への車の立ち入りはご遠慮ください。
  • 駐車場
    予め指定された駐車場(マップ上の )をご利用ください。
    地区内の道路は狭いため、駐車するスペースはありません。
  • 徒歩での見学
    徒歩で水田や水路を見学する際にも、定められたあぜ道以外には立ち入らないでください。
  • トイレ
    トイレは骨寺村荘園休憩所のトイレをお使い願います。
  • ゴミ
    ゴミ箱は置いてありませんので、ゴミはお持ち帰りください。
  • 熊・マムシの出没、落石等の注意
    本遺跡は人と豊かな自然とのバランスに支えられています。
    野生生物等との接触など注意が必要です。立ち入りは地元ガイドに従ってください。
 

本寺地区地域づくり推進協議会

このサイトについてのお問い合わせ|骨寺村荘園交流館 一関市厳美町字若神子241-2 TEL/FAX.0191-33-5022
Copyright (c) 2011 Hondera Regional Development Council. All right reserved.